でんわ勝手連 日刊かわら版 No.8 (5/6 金曜日)

 ただいま でんわ勝手連登録人数331人(5/6.22:00現在)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 今日のかわら版テーマは「電話かけって奥が深い!!」

 

――――――かわら版 本日のお品書き―――――

◆◆ミナカナ大集会のお知らせ

◆◆デンカツ、注目されてます!

◆◆「100人100色の電話かけ」

  (でんわボラの体験談をコラム)

vol.1 KMさん/続編 達人から秘訣を学ぼう!

―――――――――――――――――――――――

マークの意味

■■→運営公式から

◆◆→ニュース・コラム・情報シェア

☆→かわら版編集のつぶやき

 

☆みなさま、こんにちは。今日の担当の葉と申します。先週土曜の「週刊かわら版」以来、日刊は初です、よろしくお願い致します。

5/3の憲法集会は野党共闘で大盛況でしたね。そこには、いろんな支持政党、いろんな経歴の方たちが集っていました。「でんわ勝手連」も同じです。刺激しあったり学んだり。

今日も「かわら版」で、いいとこ取りして、レッツ、自分肥やし!おっと、脂肪じゃないよ~、希望だよ~(笑)☆

 

◆◆ミナカナ大集会のお知らせ◆◆

みんなで選挙(ミナセン)神奈川のイベントは、明日5/7の午後!全候補者が集合!野党共闘から一歩進めた市民共闘を目指して、盛りだくさんの内容。デンカツ渉外担当の外山麻貴のアピールもあります。5月7日ミナカナ大集会の全体レポは日曜版で。

 

◆◆デンカツ、注目されてます!◆◆

イケマキ選挙ではネット選挙が大活躍しました。総括がいろんなところで行わました。ブログ「選挙ドットコム」でも紹介。これは良分析、ご一読を。

http://go2senkyo.com/articles/2016/05/01/18471.html

 

◆◆「100人100色の電話かけ」◆◆

vol.1続編 伝授します電話かけの秘訣 

☆「生涯10万人と電話で対話」を目指す達人・KMさんから秘訣を学ぼう!☆ 

1.あいさつと名乗り

第一声。私はゆっくりと声を低くして「もしもし・・・」と語り掛けます。省略した方「それダメ!」です。「もしもし」は電話でのもっとも大事なマナーです。

そして私は「○○さんのお宅ですか」と話し掛けます。相手方が先に「○○です」と応じたら私は「○○さんのお宅ですね」と言って名前を確認します。

次に自分の身分名前を名乗ります。時間帯によって挨拶を変えます。人と人とのコミュニケーションにはあいさつは欠かせません。

自民党や公明党の方は「うちは自民党」「うちは公明党」と言ってきます。議論はしません。「そうですか」と言って電話掛けは終了です。余裕があれば「お互いに頑張りましょう」と言ってエールを送ります。

 

2.お礼

「いつもご町内でお世話になっております。ありがとうございます」と伝えます。あいさつや日常のお礼の言葉に、礼儀正しい人と信頼されます。今回、恵庭の住人の多く方が「町内の方ですか?」と聞いてきました。私は「私は町内に住んでおりませんが〇〇党がお世話になっておりますので」と言って応じました。(あーそういうことか)と相手は理解します。

 

3.相手の身分を確認

電話口に出られた方の身分を確認します「だんなさんですね」「奥さんですね」身分確認しても違和感ない状態にコミュニケーションを整えてきたので、抵抗感はありません。大人っぽい声だったので有権者だと思って身分確認せず話していったら未成年者だったということが多々あります。

 

4.選挙があることと候補者名を伝える

「選挙ですので電話したんですけども」と言って電話の用件を伝えます。選挙のあることを知らない人もいるからです。

「国民の生活向上に力を尽くしますので、〇〇党の応援する、池田まきのことを頭のすみに置いていただければと思います。よろしくお願いします」と言って訴えます。候補者の一人として選択肢に加えてほしいと言っているのです。

選挙の話で支持してくださいと言われて「わかりました」と応えて何人の人が実際に投票してくれるでしょうか。政策等を強調しても、相手に興味や関心がなければ「うるさいなー・面倒くさなあー」と思われるだけです。「ハイ!ハイ!ハイ!」とあまり感触のない返事が戻ってくるだけです。

 

5.相手への問いかけ

「○○さん、政治や社会に対してのご注文はいかがですか」食堂で客の食べ物を聞くときのような感覚で尋ねます。「ご注文ですか!」と言って「いろいろあります」「急に言われても」ととっさに応えられないことが多くあります。

 

6.クロージング

私は「急に言われてもすぐに出てこないと思います」とフォロー。「私たちの声が届かないんですけど」「ちゃんとした政治をやれば、暮らしや世の中はよくなると思いますので」と言って、共感を得られる言葉を伝えます。

最後に「あと、何か困ったことがありましたら、○○党にご相談していただければ、力になりますので、その節は活用してください」と言って電話掛けを終了させています。私の電話掛けはこの最後のセリフを伝えることを目的に行っているといっても過言ではありません。

 

7.判定

最後の言葉を言って相手方から「わかりました」「頑張ってください」「用件は承りました」との言葉が返ってきます。その時の印象等でABCの判定をします。そして名簿に身分・年代・対話内容・判定を書きこんで終わりです。

 

☆私・葉にとって苦戦した電話かけ部分をKMさんは真正面から捉え、基本マナーを押さえた上で電話先の相手の懐に入るよう、実践されていました。「日刊かわら版」での紹介はその奥義のダイジェスト版です、割愛させていただいたトークや心情描写がまだまだあります。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

デンカツ(でんわ勝手連&でんわで勝つ!)の合言葉

「一本のでんわで世界が変わる。」

 

でんわ勝手連「かわら版」発行の目的は、確認&活用です

日々流れていく情報をキャッチして「つながる」「広げる」「共感する」

そして持続していく「日刊かわら版」をよろしく!

★デンカツという呼称は現在検討中です。「もっと良い名前がある」、あるいは「でんかつ素敵」などご意見ありましたらFBページに是非お寄せください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆GW後半は、岡てつオフ会に参加して夜行バスに飛び乗り帰阪し老親介護。金曜版の編集は、東京へ向かう夜行バス。イケマキがつないだ縁。7月勝利を目指して、つながり続ける毎日。編集作業は葉でした(^.^)☆