でんわ勝手連 日刊かわら版 №31(6/3 金曜日)・・

ただいま でんわ勝手連登録人数378人(6/3 23:00現在)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

本日のテーマは、「広げる」でお送りします!

 ―――――――――本日のお品書き――――――――― 

◆◆熊本のくまみん あべ広美を応援しよう!

――全国で勝手連ぞくぞく!でんわの用意は

できてるか??

 

◆◆新連載コラム「18歳の窓」(10代リアルシリーズ)

――今月18歳になる現役女子高生が、本音を語ります

―――――――――――――――――――――――――

マークの意味

■■→運営公式から(見逃さないでね! Don’t miss it!!)

◆◆→ニュース・コラム・情報シェア

☆→かわら版編集のつぶやき

―――――――――――――――――――――――――

 

◆◆熊本のくまみん あべ広美を応援しよう!

 

――全国で勝手連ぞくぞく!でんわの用意はできて

るか??

 

震災の傷癒えぬ熊本から、自らも被災しながらも立ち

あがったこの人!

あべ広美 でんわ勝手連が立ち上がりました!!

詳しくはこちらをチェック↓↓↓

 

★あべ広美 電話勝手連★

https://www.facebook.com/groups/244493975924721/

 

★あべ広美 後援会★

 https://www.facebook.com/abehiromi2016/?fref=ts

 

熊本へ行けなくても、あなたの住む町から、

でんわで応援!!

それが、でんわ勝手連!!

 

くまみんを応援することは、熊本の復興を応援する

ことになる!

 

6月12日(日)には講演会もあります!

地元の方は是非足をお運びください!!

あべ広美バナー 

あべ広美

 

―――――――――――――――――――――――――

 

◆◆新連載コラム「18歳の窓」(10代リアルシリーズ)

 

――今月18歳になる現役女子高生が、本音を語ります

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この度「18歳選挙権についてその該当者たちは何を考えてるのか」ということで、普段から熱心に選挙関連の集まりに出たりしているわけでもないのですが、なんだか書くことになりましたRです。とりあえず軽く自己紹介をすると、私は、6月に丁度18歳になる受験生。アイドルと甘いものに癒しを求める女子高校生です。

 

その1 いきなり大変なことを言われる感がすごい

 

そもそも、私たちは小学生の頃から「20歳になったら選挙権を持つんですよ。」と言われてきた世代なので、私はこのいきなり与えられた選挙権というものに面食らいました(*_*) さらに「政治の仕組みや原理を知るのはもちろん、政治が対象とする社会、経済、国際関係など様々な分野においての日本の現状や課題は何なのかを理解することが重要です。」と、この春学校で配られた文部科学省発行の冊子には書いてあるのです。

 

私は「ずいぶんさらっと大変なことが書いてあるなぁ。」と感じました。確かに選挙は私たち国民に代わってこれからの日本の行く末を背負っていく人を決める重要なことだし、民主主義を装う儀式にしないためにも一人ひとりがきちんと考えて投票するべきだとは思います。ただ、いきなりこんなこと言われると、きちんと投票できる気がしません。

別に1つの正解を導き出すというわけではないとわかってはいるのですが、沢山の政党の中で投票できるのはたった1つです。

その最善の1つだと思うものを莫大な量の情報から比較して熟考して投票しないといけないなんてなんだか果てしない道のりのように思えてしまいます。

クラスの中でも「誰に投票するかの決め方がわからない」「誰にも投票したくない。」みたいなことが言われていました。

日ごろから考えていないのが悪いと思う大人もいるかもしれませんが、そうやって若い世代の問題として大人たちが考えている限り、何も解決はしないと思います。大人たちが、たとえマイナスな意見であっても私たちが選挙に向き合おうとしてみていることに気が付いて、少しサポートしてくれるだけで、私たちの選挙の見え方は変わってくると思います。まだまだ私たち18歳は、有権者として歩き出したばかりです。

 

その2 マニフェストは大切だと思う

 

今朝、学校の前で共産党の大人が10人くらいでリーフレットを配っていました。

受け取らないでスルーしていく生徒が多かったけど、私は「お?」と思って受け取りました。周りの反応は「ここで配っても意味ない」「学校で配られても受け取りにくい」(知り合いがたくさんいるから)「しかも共産党!」みたいな感じでした。実際「あいつもらってるよ」みたいな視線がちょっと痛かったです。政治のコト=タブーみたいな空気&現状がそもそもどうなんだろう?って思うのですが。「親が虫が嫌いだと子どもも虫が嫌いになる」たいな、食わず嫌いみたいなもんなのかなって気もします。

 

受け取ったリーフレットには、マニフェストが書いてあって、分かりやすく説明されていて、選挙に向けて考えたり検討できる内容でとても「いいな」と思いました。大人じゃないけど子どもでもない私たち世代にフィットした内容でした。未成年だからと馬鹿にされていない、ちゃんと一人前の有権者とみなされていると感じ嬉しかったです。ただやみくもに「18歳選挙権」って騒ぐんじゃなくて、こういうことをもっとして欲しいなと思います。

だって、がむしゃらに「選挙に行きましょう」って言われると、まるで選挙に行かない前提。こっちは行くつもりなのにって思います。勉強に喩えるなら「勉強しろ」ってただ言われるみたいでムカつきます。そうじゃなくて「勉強するならこの参考書を使えば、他とここが違うよ」と言われる方がやる気が出ます。実際、今回リーフレットをもらって、前よりも「選挙にちゃんと行こう」と思いました。

 

今回リーフレットのデザインが可愛くて、内容が分かりやすかったので、日本共産党のHPも調べて見たら全然センスが違っていて残念でした(笑)。それにどうやったら、私の知りたい情報にたどり着けるのか分かりませんでした。そんなんで主な政党だけでも自分で調べたらすごく時間がかかると思いました。この時期勉強時間をそれに割かれてしまうのは正直厳しいです…大事なコトとは分かっているけど、めんどくさいって思ってしまう。時間の余裕が無いです。

私的には、自分で情報を探さなくてもいいのでこうやってリーフレットを配ってくれるのは便利だと思いました。全ての政党がこうやって自分たちの党の政策や主張を分かりやすくまとめて配ってくれたらいいのになと。

いやむしろ、学校の社会科室とかに全政党の冊子を置いておくコーナーとか作って欲しいです。それぞれの党の公式の情報が手に入るのが良いと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆大人だって、それぞれの政党のマニフェストをじっくり吟味している人は少数だろうと思います。

人生初の選挙を真摯に受け止めている姿勢にこちらも姿勢を正してしまいますね☆

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

でん勝(でんわ勝手連&でんわで勝つ!)の合言葉

「一本のでんわで世界が変わる。」

でんわ勝手連「かわら版」発行の目的は、確認&活用です。

日々流れていく情報をキャッチして「つながる」「広げる」「共感する」

そして持続していく「日刊かわら版」をよろしく!

 

■でんわ勝手連ボランティア登録、絶賛受付中

登録はコチラ「でんわ勝手連参加フォーム」からどうぞ↓↓

http://denwa-katteren.jp/application

 

■「日刊かわら版」バックナンバーはコチラから↓↓

http://denwa-katteren.jp/news/428

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(編集は*Akiでした)